ミワチハル

ホリスティックタイマッサージ主宰

ミワチハル

ホリスティックタイマッサージ主宰

Biography

2000年、ツーリングで訪れた宮古島にそのまま暮らし始める。
2001 年のYOGAとの出会いから、タイ古式マッサージ、瞑想、仏教、アーユルヴェーダと関心が広がる内に、たましいとしての生き方に気づいてゆき、現在はさらなる修練と仕事、そして旅がオールインワンになった夢のライフスタイルを実現。

日本では木村慧心のもとで3年間の『ヨーガ療法士養成課程』を修め、その後学びの場をインドへ。Anma, Sri Sri Ravi Shankar, Swami Rama などのスピリチュアルリーダーのアシュラムに滞在し影響を受けたことにより、より視野を広げて世界を見るようになる。

2011年、タイマッサージ歴7年目にしてスピリチュアルプラクティスとしての タイマッサージに開眼し、以降、毎年インド・タイを往復し、Asokananda, Itzhak Helman, David Lutt, Pichet, 黒田芳樹の影響を受けつつ修練に励む。マッサージを通じての体感により、YOGA・禅・瞑想の理解が変わってくる。
2012年よりバリやタイの山村で行われるタイマッサージリトリートにおいて、欧米人向け に瞑想・YOGAを指導。インドではアーユルヴェーダの治療を心の面でもサポートするツアーを主催。日本ではYOGAと瞑想、タイマッサージを 組み合わせた10日間の『気づきのリトリート』や、ダイナミックタイマッサージを紹介しながらボディワークのエッセンスを伝えるワークショップなどを開催。

現在は特にDavid Luttの影響を強く受け、オステオパシー、クラニオセイクラルバイオダイナミクスという西洋の考え方と、YOGAや瞑想といった東洋のスピリチュアリティー、両者の本質の共鳴を感じ、オステオタイという方向に魅せられている。
日本人としては初めてDavid Lutt から直接指導を受けており、Davidの日本ツアー(ダイナミックタイマッサージ、オステオタイ)を主催。
http://meditativedance.weebly.com/1248012532124511248312489125231248312488-26469260853561124231-20161228927010352011253935611241073205720171.html

その他、タイマッサージに関する文献の翻訳や、YOGAやマッサージ関連の通訳を通して日本と世界に橋を架ける。
それ以外は世界のどこかへ自己探求の旅に出かけている。

日本の拠点は、「宮古島 アジアンヒーリング Shanti

All session by ミワチハル

ダイナミックタイマッサージ

12:00-13:30
10人部屋 (和室A)